« sumika | トップページ | アスナ »

2018年7月13日 (金)

AtoZの破壊神姉妹 華名と中島安里紗27

平成27年9月15日、華名最後の自主興行となるカナプロマニア・パルスのメイン、華名&朱里&志田光VS中島安里紗&水波綾&山下りな。
白の華やかなガウンに身を包んだ中島、あの独特の表情。
心の中に引っ掛かりが有る時、ありさんの口元は、少し尖り気味。
水波綾、山下りなという猛獣を両脇に従えて、どっしりと構えています。
レフリーに握手を促されましたが、中島だけは華名との握手を拒否して、コーナーにさっさと下がり、行く気満々。なおも手を差し出した華名がおっとっと…と軽くずっこけ、早くも観衆の笑いが起きております。
見ている観衆の誰もが、中島と華名の和解シーンを望む中、試合は2人のしばき合いで開始。
気合い入っとるなぁ。物凄い打撃音。一歩も引かない殴り合い。
華名に対する全出場選手からの餞別代わりのトレイン攻撃の時も、第一撃は中島。
中間で、藤本つかさのドロップキックが全く遠慮無く炸裂。
つっかさん、実に楽しそうな笑顔。
最後はクレイジー・モンキー葛西選手のスリッパ攻撃で、これには笑いました。
場外乱闘でも中島と華名のしばき合い有り、コーナーに上った中島に対する華名の浣腸攻撃といったコミックショーも有り。
主役がかすむ位、各自が持ち味を出しての乱戦の中、山下にカナロックが決まり、華名の勝利。
有終の美を飾りました。
観衆が固唾を飲んで見守る中、華名が正座している中島に近付いて、しゃがみ込み、両手で中島の顔を包む。
華名「…中島…、うちらはAtoZで生まれて、生き別れになった姉妹みたいなもんや。私はお前の事、妹のように愛してる」
中島の顔がくしゃくしゃになり、涙が零れ落ちる。
鬼の目にも涙…。
抱き合う華名と中島安里紗。
華名の顔に浮かぶ聖母のような微笑。
さすが千両役者、華名。こういう時、絶対に外しません。
私の目からも大量の涙が流れ落ちる。
うん…、うん…。良かった…、良かった…。
こうして、稀代の名ヒール華名は新天地WWEに晴れやかな笑顔で旅立って行きました。
再び、このAtoZの破壊神姉妹が会いまみえるかどうかは分かりませんが、なかなか難しいとは思いますが、願わくば…見てみたい。終。
記載者 pigtailsinpaint naked

« sumika | トップページ | アスナ »