« 5/18ワクワク楽!カンタンにできる手描き絵レジンアクセサリーレッスンバングル作り | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 散文における新天地 / 明治三十一年〜了 »

2018年5月15日 (火)

ママが一番よく言ってる言葉は

こんにちは。

今日も中尾真琴のブログにお越し下さって
ありがとうございます。
今日は暑いですね。
こう暑くなると、生徒たちの暑い!
もっとクーラー強くしてが始まります。
大人に比べて子供たちの熱量ってすごいから
教室内の温度もどんどん上がります。
水筒下げてあついあついと言いながら来るんだろうな。
さて、ママが子供に一番よく言う言葉ってなんだと
思いますか?
それは
早く!
早く!早く!です
まぁ、私もよく言ってたわ。
子供を急き立てるように言ってたわ。
こう言ったからってそれほどスピードアップ
しませんよね?
大人だから、テキパキできるのは当たり前です
体も小さな子供は大人と同じスピードでは動け
ません。
鈍行と新快速の違い位
そして早く、早くと急き立てられる子供も
どうしていいか分からなくなってしまいます。
特におっとりしたいつもママのそばにいたいよ
うな幼いタイプの子供はパニックになってしま
います。
ママのイライラする様子をみてオロオロするば
かり。
(うちの子供二人ともこのタイプだった)
そして、言ってるママ本人も自分で早く、早く
言えば言うほど、イライラしてきます。
だって言っても思うようにはスピードアップ
しないんだもん
ママ、子供、両方にとっていい
ことないね!
だったらもう言うの止めようか?
とは言うものの、そんな悠長な事をいってられ
ない時もあります。
そんな時は子供のペースを見越して
早めに取りかかる、準備をするとか。
(まぁ、これができたら苦労しないんだけどね)
までにできるとママ嬉しいな!とか、
までにできたらこれしようかとか
子供のやる気が起こりそうな声かけをしてみま
しょう。
そしてこれは最終手段、ドンと腰をすえて
あきらめて待つ!
何はともあれ、出来るだけ早く早くを言う回
数を減らしていきましょう。
今日も最後までお付き合い下さってありがとうございました。

« 5/18ワクワク楽!カンタンにできる手描き絵レジンアクセサリーレッスンバングル作り | トップページ | 子規居士(「評伝 正岡子規」原題) 柴田宵曲  明治三十一年 散文における新天地 / 明治三十一年〜了 »